税務・会計とは!?

Financial accounting

銀行より、従業員より、時には家族よりも。
長く深く会社に寄り添う、クライアントの“右腕”。

1

まずは月次試算表を制作し、決算をまとめられるようになるのが最初の目標です。主な仕事の流れは、お客様の会計資料をお預かりし、会計ソフトへ入力、またはお客様が入力したものをチェックする。それを元に試算表を作成。定期的にクライアント先へ訪問し、ヒアリングまたはクライアントへ報告を行います。そして決算に至ります。その他、給与計算や税務調査立合い、登記業務が発生すれば司法書士への取次、社会保険の業務を社会保険労務士に繋ぐことも仕事の一環です。中小企業の社長が感じる煩雑な作業全般の相談を受け、解決策を提示します。

2

入社後にまず覚えることは、会計ソフトを使用した仕訳の方法。それに、法人・事業を営む個人の確定申告もマスターしておきたいですね。それら巡回監査士の仕事をひと通りできるようになりましょう。このあたりから、徐々に適正が見えてくるので、その後の専門性の持ち方を相談していきます。もちろん事務所が一方的に決めるのではなく、相談した上で決めていきます。おおよそ一連の流れを覚えるのに1年ほどかかります。ひと通りの業務を覚えたら、先輩同行や月次報告のシミュレーションなどを行い、担当のクライアントを持つための準備をしていきます。

3

会計監査、税務書類作成、会計税務に付随する業務、医療系ならば開業相談、診療圏調査、事業計画作成、銀行交渉なども行っていただきます。また、税務・会計の業務に従事しつつ、相続税や資産税など他の税目へ、業務の幅を広げるという、深堀りも視野に入ってきます。更には、企業を救い発展させる、経営コンサルタントとしてのキャリアに進む道も用意されています。何よりも深く、長くに渡り、クライアントに携われることが、この仕事の魅力と言えるでしょう。